物工情報処理基礎資料(1)                                10/01/04

                                                                                担当教官      關  金 一

 

講義目的

 

物質工学科の教育カリキュラムに必要なコンピューターを用いた情報処理の基礎について講義する。演習とあわせて受講することによりコンピューターをある程度自由に使えることを目標とする。

 

講義スケジュールと内容

 

1回 Introduction

           授業の概要説明 半年間の授業の流れ(別紙)

           情報処理の重要性 社会的なニーズ ネットワークと情報

           セキュリティ、ウィルス、ネットエチケット

パソコンの使用法 演習で用いるPCの説明

                       パスワードの管理、システムの立ち上げ

                       学内ネットワーク、email Address

 

2回 エンドユーザーコンピューティング(1)

           ハードウエア・ソフトウエアの進化と変遷

           パソコンの基本構成

 

3回 エンドユーザーコンピューティング(2

パソコンのハードウエア―CPU,メモリー、外部記憶装置、入力装置、出力装置

 

4回 エンドユーザーコンピューティング(3

パソコンのソフトウエア―OS、プログラム言語、業務ソフト(ワープロ、表計算、
データベース)

 

5回 ネットワーク

InternetLANWAN プロトコール、Ethenet,プロトコール、ネットワークの階層、TCP/IP

LAN: 具体的な使用例を關研究室(NT serverを中心とした十数台のPC)の例を挙げて紹介する。
Internet
の利用   WWWNEWSe-MailGorferFTP

第6回 数値演算の基礎(1)

計算機で使う数と数学の数

数の内部表記 計算の中では0.1は無限小数?

さいころで円周率を計算

第7回 数値演算の基礎(2)

           実際の計算 2進数の演算 16進表記

           有限の中でどうやって無限の数を取り扱うか

第8回   数値計算

           微分、積分

           科学計算の実例  大気反応シミュレーション

                                   分子の反応への応用

第9回 アナログとデジタル

           科学での計測とその処理  コンピュータの使われ方

           物理量:連続量の数値化(離散化)

           ADCとDAC その使用例 

第10回 情報の取り扱い(1)

           データの圧縮 Huffman法について

 

第11回 情報の取り扱い(2)

     画像処理、音声処理などの実際

 

第12回 インターフェイスと周辺機器

           インターフェイスの意味とその使用例 

           計測機器におけるコンピュータとの結合 FT化 NMR、IR、ラマンなど

          

第13回 Shannonの情報理論

           情報とは?

           情報量の定義 情報エントロピー

           計算機から情報処理マシンへ

      

教科書

 オーム社 早川ら著 シスアド教科書2004年度版

 

単位認定について

 

出席は授業中に提出物の形でとる。

期末試験、レポート、出席を判断基準とする。