大学院工学研究院 機能の創生部門
大学院工学府 機能発現工学専攻 先端物質化学コース
理工学部 化学・生命系学科 化学教育プログラム


菊 地 研 究 室

Welcome to Kikuchi Laboratory

Department of Chemistry
Graduate School of Engineering
Yokohama National University

最終更新日 2017年 9月14日
旧 八木・菊地研究室のホームページはこちらです

更新情報

 2017年 9月14日 発表論文等のページ更新
 2017年 7月26日 活性酸素の研究のページ更新
 2017年 7月24日 発表論文等のページ更新
 2017年 6月27日 発表論文等のページ更新
 2017年 4月11日 研究室メンバーページ更新
 2016年 4月25日 発表論文等のページ更新
 2016年 4月 2日  研究室メンバーページ更新
 2015年 9月 1日  発表論文等のページ更新
 2015年 4月 6日  研究室メンバーページ更新
 2014年 6月10日 菊地研究室ホームページを開設

           
新着情報
 
 2017年 9月14日 光安定なUV-A吸収分子(ユビナールAプラス)の一重項酸素消光
             速度定数および光励起状態の特性の論文が英国王立化学会の
            Photochemical & Photobiological Sciences
             9月1日号に掲載される

 2017年 6月26日 室温溶液中の紫外線吸収分子間のエネルギー移動を初めて観測し,
             エネルギー移動速度定数を求めた論文がエルゼビア社発行の
            Journal of Photochemistry & Photobiology A: Chemistry

             9月1日号に掲載される

 2016年 4月25日 日本化学会編 CSJ カレントレビュー 21
             活性酸素・フリーラジカルの科学 計測技術の新展開と広がる応用
             13章: 「一重項酸素の直接検出と絶対定量」が掲載される

 2015年 9月28日 光不安定なUV-A吸収分子(ブチルメトキシジベンゾイルメタン)から
             3種類のUV-B吸収分子への励起三重項エネルギー移動速度定数
             の大きさをエネルギードナーのパルス励起時間分解りん光測定より
             評価した論文がエルゼビア社発行のJournal of Luminescence
             10月号に掲載される

  2015年 9月 1日 サリチル酸系紫外線吸収分子の光励起三重項状態の光誘起りん光・
             ESR増強現象観測および一重項酸素光増感生成の論文が
             英国王立化学会のPhotochemical & Photobiological Sciences
             9月1日号に掲載される

 2015年 6月19日 新規UV-B吸収分子ジオクチルメトキシベンジリデンマロネートの設計と
             UV-A吸収分子光安定化効果の論文が日本化粧品技術者会より
             優秀論文賞を授与される

 2015年 6月12日 光安定性に優れた新規UV-B吸収分子ジオクチルメトキシベンジリデン
             マロネートの設計および機能とUV吸収分子間エネルギー移動の解明
             に関する研究がフレグランスジャーナル社発行の
             Fragrance Journal 2015年6月号
             特集『サンスクリーンの新技術と素材開発』に掲載される

 2015年 4 月 1日 トリアジン系紫外線吸収剤の光励起三重項状態の電子状態解明と
             一重項酸素光増感生成の論文が英国王立化学会の
             Photochemical & Photobiological Sciences
              4月1日号に掲載される

 2014年 7 月1日 ベンゾフェノン系紫外線吸収剤における光誘起りん光増強現象と
             一重項酸素の光増感生成の論文がアメリカ光生物学会の
             Photochemistry and Photobiology 7月1日号に掲載される

 2014年 5月 1日 光不安定なUV-A吸収剤(ブチルメトキシジベンゾイルメタン)から
            光安定で無りん光性のUV-B吸収剤(オクトクリレン)への三重項
            エネルギー移動をパルス励起時間分解りん光測定により実証した
            論文がアメリカ光生物学会のPhotochemistry and Photobiology
             5月1日号に掲載される

 2014年 4月 1日 八木教員,横浜国立大学名誉教授・非常勤教員となる

 2014年 4月 1日 八木教員定年退職に伴い,八木・菊地研究室は菊地研究室となる
専門分野: 光物理化学・光機能性分子材料化学

研究概要

発表論文等

卒業研究に取り組む皆さんへ

研究室メンバー

研究室風景

実験装置

研究室卒業生のページ
(パスワードは研究室伝統的装置名3英文字の小文字大文字の計6英文字)


Associate Professor Azusa KIKUCH



Professor Emeritus Mikio YAGI
〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
横浜国立大学 理工学部 化学・生命系学科 化学棟 422号室(菊地教員)411号室(八木教員)
E-mail: kikuchi-azusa-rh(at)ynu.ac.jp
E-mail: yagi-mikio-sc(at)ynu.ac.jp
メールアドレスは自動収集を避けるために正しく表記されていません。
(at)を@に置き換えてメールを送信してください。
化学・生命系学科へ